一般歯科

虫歯予防法

虫歯はどうしたらなるのか

宿主(お口の中)+環境(糖や食事)+細菌(微生物)+ (時間)が合わさると虫歯になります。
  • 宿主(お口の中)

    年齢、歯種、歯列不正(歯並びの悪い状態)、唾液の緩衝能(酸性に傾いたお口の中は虫歯になりやすい状態です。お口の中を中性に回復させる機能を緩衝能といいます。)など

  • 環境(糖や食事)

    甘味食品、砂糖の摂取頻度(摂取の頻度が多くなると虫歯のリスクが上がります。摂取をしてはいけないという訳ではありませんが、だらだら食べを控え、食べたら磨くという習慣をつけるようにしましょう。)
    乳酸菌飲料や炭酸飲料にも糖質が含まれます。

  • 細菌

    歯垢(歯に付着した汚れ、プラークのこと)、ミュータンス連鎖球菌数(ヒトの口腔内にも存在し、虫歯の原因菌のひとつ)など

  • 時間

    歯垢が付着している時間、糖が口腔内から除去されるまでの時間のことを指します。

虫歯予防

宿主(お口の中)+環境(糖や食事)+細菌(微生物)+ (時間)が合わさると虫歯になります。
  • 宿主

    シーラント(虫歯予防のために歯の小窩裂孔(歯の溝)に樹脂をつめる処置)、フッ素の利用(歯を強くします)
  • 環境

    甘味料の摂取制限、人工甘味料(過剰な摂取は控えましょう)
  • 細菌

    プラークコントロール(虫歯や歯周病の原因となる歯垢(=プラーク)を減らすことを目指します。)
  • 第一次予防

    フッ素の利用、シーラント、生活習慣病の改善、プラークコントロール
  • 第二次予防

    早期発見(X線検査など)虫歯の治療
  • 第三次予防

    補綴処置(詰め物やかぶせ物など)、入れ歯、インプラント

これらがとても大切になります

  • セルフケア

    患者様ご自身による予防法(フッ化物配合歯磨剤を用い、患者様自身でお口のケアを行っていただくことが最も大切です。)

  • プロフェッショナルケア

    専門家による予防法(定期的なお口のクリーニングやフッ化物歯面塗布をおすすめします。)

  • パブリックヘルスケア(コミュニティヘルスケア)

    公衆衛生学的予防法地域集団的予防法(学校などの集団に対し行う虫歯予防です。→フッ化物入りの洗口液で先口など)

お気軽にお問い合わせください。

0422-24-8862

info@kichijoji-masamune.com

東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目38番7号

お買い物カゴ
上部へスクロール